WebAPIを自分で作り、公開することも可能です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   仕事が楽しくなるプログラミング入門講座 初心者でも必ずできる!

          2010/03/23 第14号
          http://itjob.pgtop.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「プログラミングを通じて、人々の生活を豊かにする。日本経済を元気にする。」

こんにちは、メルマガ発行人の mslab です。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。

WebAPIは、単に利用するだけでなく、自分で作って公開することもできます。
今回は、その方法について説明します。

詳しくは本文で。


メルマガのバックナンバーは、以下のページでご覧いただけます。
http://itjob.pgtop.net


*このメールマガジンに登録したお心当たりがない方、または不要な場合は、
大変お手数ですが、以下のリンクから登録を解除してください。

配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001065221.html


第14号のメニューはこちらです。

■WebAPIを自分で作り、公開することも可能です。
■オリジナルのWebAPIを作成するには?
■オリジナルWebAPIを作ってみました。
■私のオリジナルWebAPI活用例
■編集後記 


▼今、これがオススメです。バイヤーが商品を厳選!
http://www.moshimo.com/top/307575/

売れているランキングや、おすすめ商品、新着商品もわかる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■WebAPIを自分で作り、公開することも可能です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

WebAPI(Webサービス)は、単に利用するだけでなく、自分で作って公開すること
もできます。

既に何らかのデータの蓄積があるなら、あなたのユーザー向けに、WebAPIで情報
を提供することが可能です。

例 商品データ、顧客のレビューなど

もし本当に役立つWebAPIなら、多くの人が集まり、利用するようになります。

人が集まれば、そこにビジネスチャンスが生まれます。

例えば、
データを RSS や XML などの形式で提供すれば、「ユーザーが再活用しやすい」
というメリットがあります。

データを「再活用」できるところが、大事なポイントです。

もしかしたらユーザーが、あなたが思い付かなかったような、データの面白い
活用方法を、発見してくれるかもしれません。

また、自社でネットショップを構築しているなら、商品データがあるはずです。

商品データを公開し、それにアフィリエイトの機能をプラスすれば、ユーザー
に自社商品を紹介してもらうことも可能です。

つまりXMLで、販売促進ができるわけです。

Amazonや楽天アフィリエイトなど、多くのASPが、このビジネスモデルです。


【補足】
今では、開発者にWebAPIを提供して、本家のWebサイトでは表現出来ないような、
様々なWebサイトが生まれています。

本家のWebサイトは、多くの人が利用するので、奇抜なアイデアは取り入れ難い
のです。

でも開発者のWebサイトなら、いろんなアイデアが試せます。

また、WebAPIを利用したWebサイトが増えるということは、販路が拡大すると
いうことなので、ASP側としてもメリットがあるわけです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■オリジナルのWebAPIを作成するには?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

WebAPIは、サーバーサイドで動作するプログラミング言語と、データベースの
知識があれば、作成できます。

例えば、PHPとMySQLの組み合わせです。

通常、PHPではHTMLタグを出力します。それをXMLタグに変えるだけです。

PHPでXMLを出力するプログラム自体は、それほど難しくありません。初級くらい
のPHPの知識があればできます。

PHPでXML全体を出力してもいいし、XMLタグの中にPHPでデータを埋め込むこと
も可能です。

ただし、データベースのMySQLから、データを取り出すプログラムが必要になり
ます。

データベースを扱う部分は、初級~中級レベルと考えてください。

以下の入門講座で、PHPとMySQLの基礎知識が学べます。

・PHP初心者入門講座
http://php5.seesaa.net/

現時点では、XMLの出力方法そのものを書いているわけではありません。

でもHTMLタグで出力している部分を、XMLタグに変えるだけなので、難しくあ
りません。

勘のいい読者様なら、自分で工夫して作れると思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■オリジナルWebAPIを作ってみました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

参考までに、私が作った簡単なWebAPIを紹介します。

とてもシンプルですが、これでも立派なWebAPIとして機能します。

PHPとMySQLで作ってあります。

(1)都道府県
http://ws.bzen.net/pgtop/GetPref.php

都道府県のデータを、XML形式で返します。


(2)市町村
http://ws.bzen.net/pgtop/GetCity.php?prefCd=ここに都道府県CD

コピーして、Webブラウザのアドレス欄に貼り付けて、移動します。

URLのパラメーターとして、都道府県の番号(1~47)を半角で指定すると、該当
する市町村データを、XML形式で返します。

URLに含まれるパラメーターをPHPで受け取り、抽出条件に使っています。


両方ともデータベースのMySQLに、データが保存されています。

それをPHPで取り出して、XMLとして表示しているだけです。

これらのWebAPIは、私が個人的に使うために作ったもので、自分のWebサイト
と、入門講座の中だけで利用しています。

だから市町村データは、最新のものではありません。

最新のデータを利用したい場合は、類似のWebAPIがたくさんあります。

インターネットで検索してみるといいでしょう。


【補足】
今回紹介したオリジナルWebAPIは、自分で作成することもできます。

都道府県データ、市町村データ、地域データは、日本郵便のWebサイトから、
CSV形式で入手できます。

郵便番号データのダウンロード
http://www.post.japanpost.jp/zipcode/download.html

ただし、生のCSVデータは、そのままでは使い難いです。

都道府県、市町村、地域などのテーブルに分ける工夫が必要です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■私のオリジナルWebAPI活用例
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上記のオリジナルWebAPIを使ったWebサイトがこれです。

・全国の特産品検索
http://ws.bzen.net/tokusan/

これまでにも何度か紹介していますね。

都道府県と市町村のセレクトボックスに表示するデータを、オリジナルWebAPI
から取得しています。

都道府県のセレクトボックスを選択すると、市町村のセレクトボックスの内容
が、自動的に変化します。

これはAjaxという技術を使って、裏側でサーバーと通信しています。
*非同期通信と言います。

その仕組みは、以下の講座で学ぶことができます。

・Ajax初心者入門講座
http://ajax.pgtop.net/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

インターネット上には、たくさんのWebAPIが公開されています。

既存のWebAPIを利用するだけでも、確かにメリットがあります。

でも、あなたがWebAPIを公開する立場になると、ビジネスの可能性が大きく
広がります。

あなたが発信できる情報(データ)を、XMLにできるか、考えてみましょう。

きっとインターネットの活用方法が、これまでと違う視点で見えてくるはずで
す。

では、また次回にお会いしましょう。


1台 7 役のメガヒットアイテム「マジックブレッド」
http://www.moshimo.com/article/307575/156892

面倒な料理の下ごしらえが、たった10秒で「あっ!」という間に終わります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ご感想やご要望
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

各講座やメルマガについてのご感想やご要望がございましたら、以下のリンク
にある入力フォームから送ってください。楽しみにしています。

ご感想やご要望はこちら
http://itjob.up.seesaa.net/web/mail-itjob.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マガジンID:0001065221 仕事が楽しくなるプログラミング入門講座
発行者 :mslab
発行者Webサイト : http://itjob.pgtop.net
メールはこちら : mail-m@bzen.net
バックナンバー : http://itjob.pgtop.net
メルマガの登録・解除 : http://www.mag2.com/m/0001065221.html


このメールマガジンは、
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。

……………………………………………………………………………………………
Copyright(C) 2010 mslab All rights reserved.

スポンサードリンク

スポンサードリンク






仕事が楽しくなるプログラミング入門講座 TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。